水素水 アルミ缶 検証

水素水 アルミ缶 検証

水素水 アルミ缶 検証

アルミ缶の水素水を検証してみると。

 

飲む事により悪玉の活性酸素を除去してくれて、体の内面から綺麗にしてくれる評判の水素水ですが、一部では効果が無いとも言われています。

 

しかしそれはペットボトルなどの保管で水素が抜けてしまい、水素水としての効果が無くなった場合の事を指していて、しっかりと濃度が保たれていれば効果を期待出来ます。

 

 

では容器で保存する場合にどの容器なら濃度を保ったままで、効果を期待出来るのでしょうか。

 

まず水素が一番逃げにくいのはアルミで、一番水素を逃しにくいとされていますが、同じアルミでもアルミパウチとアルミ缶では水素の逃げ具合が変わってきます。

 

 

検証してみるとアルミパウチの場合は水素濃度が1ppmあるのに対して、アルミ缶の場合は0.1〜0.3ppmと非常に少ない事が分かりました。

 

アルミパウチは空気が入る隙間が無いように密閉される為に水素の逃げ道が無い事が検証で分かっています。

 

 

対してアルミ缶の場合は、ふたの部分に水素が充填されている訳ではなく、わずかな空気の隙間がある為に水素が隙間に移動して、ふたを開けた時に外へ逃げてしまうと言う事です。

 

理屈でも分かりますし検証でもはっきりと分かっているので、容器に入った水素水を味わうのならアルミパウチの商品を選ぶのが賢い選択です。

 

他にもタブレットタイプのものを飲んだり、自家用のサーバーを購入するのも新鮮で出来たての水素水を味わう方法です。"