水素水 体内 吸収

水素水 体内 吸収

水素水 体内 吸収

水素水が体内に吸収される割合

 

 

水素水を飲んだときに水素が体内へどれくらい吸収されるのかは気になるところです。

 

水素水が胃の中に入ると胃の中で消化がはじまります。そうなると胃酸の影響で水素が分解されてしまい、水中の水素の割合が減ってしまうのではと考えられますが、水素分子が溶けている水素水は安定しており胃酸で分解されることはありません。

 

消化中に水中の水素が失われることがないと分かりましたが、では体内で吸収されるのはすべての水素であるかと言うと、実際には一定の量の水素が体内にとりこまれるだけで、残りは体外に排出されます。人が水素水を飲んだときに体にとりこまれる水素の割合はおよそ20%ほどであると言われています。

 

 

 

また人によってにとりこまれる水素の量には違いがあります。とりこまれる水素の量は体内の活性酸素の量によってことなり、体調の悪い人ほど吸収される水素の量は多くなることが医学的研究の結果で分かっています。

 

とりこまれた水素は胃腸から血管に入り、静脈に入った水素は血液と一緒に心臓に渡って、その後は動脈を伝って全身に行きわたります。

 

血管を通る水素は脳や筋肉、そして各臓器へと浸透していきます。水素水を飲み始めてから10分〜20分程で全身に水素が行きわたるようになります。