水素水 水素分子 化学

水素水 水素分子 化学

水素水 水素分子 化学

水素分子を含んだ水素水の飽和濃度は化学的に証明??

 

水素水は、水に水素分子のガスを溶解させた物で、無色透明無味無臭なのが特徴となり、医学的には水素豊富水と呼ばれています。

 

含有する水素の濃度を示す単位はParts Per Millionの略でppmが用いられ、100万分の幾つかという割合を示す単位で、数値が高いと水素の含有率が多くなり、分子状水素医学シンポジウムでは、水素の含有量に最低基準を設け、0.08ppm以上を水素水と呼ぶようにしています。

 

 

また、水素の最大飽和濃度は1.57ppmという事が化学的に証明されているので、これ以上の水素水は密封した容器の中で圧力を加えれば生成する事はできますが、開封と同時に1.57ppmに戻ってしまい、水素は空気中に逃げやすい性質を持っているので、高濃度の水素水でも時間の経過と共に水素は減り、約2時間が経過すると溶存濃度は約50%にまで減少します。

 

水素水は、製造方法によって特徴が異なり、アルミパウチは工場でガスを充填して真空にして出荷しているので高濃度となり、スティックタイプは水とマグネシウムによる化学反応によって生成されますが、水素ガスとして容器の中に充満している場合がありバラツキが多く、サーバータイプは種類によって濃度が異なります。