水素水

水素水

水素水 活性水素 違い

水素水と活性水素水の違いとは??

 

近年、水素ガスを水に溶かした水素水の効果が注目されています。

 

これに対して活性水素という名称も聞くことがあり、内部に金属マグネシウムが詰められたスティックを水に入れて活性水素水を作るとされる器具が販売されていたこともあります。

 

頭に「活性」が付く水素も付かない水素も存在してはいますが、両者は大きな違いがあります。

 

 

一般的に水素ガスまたは水素と呼ばれるものは2個の水素原子が結合してできた水素分子(H2)の状態の水素のことです。

 

通常単体(1個)の水素原子(H)は化学的に不安定であるため、2個の原子がくっついて安定した状態で存在しているのです。

 

 

活性水素とは1個の水素原子が単独で存在している状態のことで、水素ガスなどに強い紫外線や放射線を照射した場合や、水を電気分解した時に水分子の酸素原子と水素原子(H)が分解して水素分子(H2)ができる直前に一瞬だけ1個の水素原子として存在していると考えられています。

 

活性水素は化学的に不安定なので水素分子よりも高い反応性があるので酸化物質の除去作用が強くて効果的であると宣伝する業者が存在しますが、常温常圧の状態で単独の水素原子が安定して存在することができないので科学的に根拠が無いものであると主張する専門家がいます。

 

これに対して水素分子が水に溶けた水素水は科学的に存在が認められており、常温常圧では約1.6ppmの濃度で水に溶けることが知られています。

更新履歴